研究業績

Ⅱ 学術論文

単著|共著


1. エンカウンター・グループにおける関係認知の変化 1973. 3 相談学研究 , 6 (1・2) ,37-43.

 
2. エンカウンター・グループのYさんへの影響 1975. 4 九州大学教育学部心理教育相談室紀要 , 1 , 97-114.

 

3. エンカウンター・グループにおけるPFスタディの変化と関係認知 1975. 12 九州大学教育学部紀要(教育心理学部門) , 20 (1) , 9-15.

 

4. マラソン・エンカウンター・グループの過程に関する1事例研究 1976. 3 九州大学教育学部紀要(教育心理学部門) , 20 (2) , 29-35.

 

5. 行動化を利用した神経症性うつ病の一事例 1976. 5 九州大学教育学部心理教育相談室紀要 , 2 , 95-105.

 

6. エンカウンター・グループの効果に関する一研究 1977. 3 九州大学教育学部紀要(教育心理学部門) , 21 (2) , 67-75.

 

7. 乱暴と言われ来談した女子中学生の変則的カウンセリング 1978. 12 九州大学教育学部心理教育相談室紀要 , 4 , 24-35.

 

8. 私のグループ体験(I) 1979. 12 九州大学教育学部心理教育相談室紀要 , 5 , 70-79.

 

9. エンカウンター・グループにおけるファシリテーターの事例研究 1980. 3 久留米信愛女学院短期大学研究紀要 , 3 , 41-67. 

 

10. ゲーム・エンカウンター・グループの事例研究 1980. 9 福岡大学人文論叢 , 12 (2) , 419-454.

 

11. 看護学生のエンカウンター・グループに関する研究 1980. 12 福岡大学人文論叢 , 12 (3) , 635-672.

 

12. あるエンカウンター・グループ経験者の臨床事例研究 1981. 3 福岡大学人文論叢 , 12 (4) , 1319-1355.

 

13. 強迫神経症に悩む女子高校生のカウンセリングと母親面接 1981. 6 福岡大学人文論叢 , 13 (1) , 1-27.

 

14. エンカウンター・グループの過程に関する事例研究 -発展段階の仮説の臨床的検討 1981. 9 福岡大学人文論叢 , 13 (2) , 285-324.

 

15. エンカウンター・グループにおけるある Low Learner の事例研究 1981. 12 福岡大学人文論叢 , 13 (3) , 583-618.

 

16. エンカウンター・グループ・プロセス論 1982. 3 福岡大学人文論叢 , 13 (4) , 891-928. 

 

17. エンカウンター・グループ構成論 1982. 6 福岡大学人文論叢 , 14 (1) , 1-32.

 

18. メンバーからみたエンカウンター・グループ経験の考察 -「セッション・アンケート」をもとに 1982. 9 福岡大学人文論叢 , 14 (2) , 409-449.

 

19. 看護学校におけるエンカウンター・グループの事例研究 1982. 12 福岡大学人文論叢 , 14 (3) , 695-731. 〔第Ⅳ章に関連する論文:非典型的な高展開グループにおけるファシリテーションの事例研究では、この論文の事例が用いられている〕

 

20. 福岡大学の1981年度教育実習生に対するアンケート調査(Ⅰ) -その目的, 方法および教育実習の概況 1982. 12 福岡大学総合研究所報 , 60 , 1-26.

 

21. ある Low Development Group の事例研究 -看護学生のエンカウンター・グループ 1983. 3 福岡大学人文論叢 , 14 (4) , 1307-1345. 

 

22. エンカウンター・グループにおける個人過程 -概念化の試み 1983. 6 福岡大学人文論叢 , 15 (1) , 33-54. 

 

23. 1982年度「教育実習」に関する実態調査 -福岡県の大学・短大を対象として 1983. 8 福岡大学総合研究所報 , 65 , 51-82.

 

24. 日本における集中的グループ経験の「過程研究」展望(上・下) -1962年~1983 年 6 月 1983. 9 & 12 福岡大学人文論叢 , 15 (2) , 389-428. &  15 (3) , 759-792.

 

25. 導入期をうまく経過できなかったエンカウンター・グループの事例研究 -動機づけが低い看護学生のグループ 1984. 3 福岡大学人文論叢 , 15 (4) , 1223-1261.

 

26. 福岡大学の1983年度教育実習生へのアンケート調査(Ⅰ) -実習概要 , 実習経験のインパクト , 教職への指向性について 1984. 5 福岡大学総合研究所報 , 73 , 37-62.

 

27. エンカウンター・キャンプの試み 1984. 6 福岡大学人文論叢 , 16 (1) , 55-86.

 

28. 福岡大学教職課程の歴史と現状(Ⅱ) -教職課程履修者の実態を中心に 1984. 11 福岡大学総合研究所報 , 77 , 105-126.

 

29. 学生相談の歩み・現状・今後の課題 -福岡大学「学生相談室」の場合 1984. 11 福岡大学人文論叢 , 16 (2) , 455-491.

 

30. ある Middle Development Group の事例研究 -動機づけが低い看護学生のグループ 1984. 12 福岡大学人文論叢 , 16 (3) , 995-1032. 

 

31. グループ・ファシリテーターの養成をめぐって 1985. 3 九州大学心理臨床研究 , 4 , 99-105.

 

32. 教育と健康に関する学生の意識調査 1985. 8 福岡大学総合研究所報 , 85 , 39-88.

 

33. 構成的エンカウンター・グループにおける High Learner と Low Learner の事例研究 1985. 12 人間性心理学研究 , 3 , 58-70.

 

34. 教師としての資質・力量に関する自己意識調査(Ⅰ) -教職課程履修者の学年間の比較 1987. 3 福岡大学総合研究所報 , 96 , 21-37.

 

35. 教師としての資質・力量に関する自己意識調査  -教職課程履修者の9ヶ月間における変化 1988. 3 福岡大学総合研究所報 , 109 , 21-34.

 

36. 構成的エンカウンター・グループと非構成的エンカウンター・グループにおけるファシリテーター体験の比較 1989. 3 心理臨床学研究 , 6 (2) , 40-49. 

 

37. わが国の教師教育とグループ体験学習 1989. 3 福岡大学総合研究所報 , 118 , 19-64.

 

38. わが国における継続型グループの概観と考察 1989. 7 福岡大学人文論叢 , 21 (1) , 35-68.

 

39. 養護教諭の研修エンカウンター・グループ 1990. 5 福岡大学総合研究所報 , 126 , 23-42.

 

40. 養護教諭の研修エンカウンター・グループに関する事例研究 1991. 7 福岡大学総合研究所報 , 134 , 19-52.

 

41. 私のスーパーヴァイザー体験 -その実際と問題・課題 1992. 9 心理臨床, 5 (3) , 163-168.

 

42. 新任教員の宿泊研修冒頭における短時間の構成的グループ・エンカウンター 1992. 11 福岡大学総合研究所報 , 145 , 25-48.

 

43. 教師の研修エンカウンター・グループ事例 1993. 9 福岡大学総合研究所報 , 153 , 49-83.

 

44. 看護学生の研修エンカウンター・グループ - Low Development Group の事例研究 1994. 3 福岡大学人文論叢 , 25 (4) , 1577-1609.

 

45. デイケアにおける「心理ミーティング」に長期参加の一事例 -その経過と意義の検討 1994. 6 福岡大学人文論叢 , 26 (1) , 1-24.

 

46. ホームヘルプ協力員の人間関係トレーニング -構成的グループ・エンカウンターによる 1994. 9 福岡大学人文論叢 , 26 (2) , 355-389.

 

47. ある養護教諭のエンカウンター・グループ経験とその後の変化 1995. 11 福岡大学総合研究所報 , 177 , 21-52. 

 

48. Middle Development Group に関する事例研究 -看護学生の研修エンカウンター・グループ 1995. 12 福岡大学人文論叢 , 27 (3) , 1065-1104.

 

49. あそびが特徴的な看護学生のエンカウンター・グループ -Middle Development Group の事例研究 1996. 3 福岡大学人文論叢 , 27 (4) , 1731-1772.

 

50. 日本におけるベーシック・エンカウンター・グループのファシリテーション論の展望 1997. 3 九州大学教育学部紀要(教育心理学部門) , 41 (1) , 63-70. 

 

51. わが国のグループ・アプローチの最近の動向 -1993~1996の文献リストより 1998. 3 九州大学教育学部紀要(教育心理学部門) , 42 (1) , 1-7.

 

52. スーパーヴィジョンにおける倫理 1998.9 心理臨床,11(4) ,248-252.

 

53. 看護学校の構成的エンカウンター・グループ合宿の事例研究---保健学科の「人間関係論」の授業 1999.3 九州大学教育学部紀要(教育心理学部門),43 (1) , 51-62.

 

54. 日本におけるエンカウンター・グループの実践と研究の展開:1970-1999 2000.3 九州大学心理学研究, 1 (1) , 11-19.

 

55. 臨床における訓練とは─エンカウンター・グループのファシリテーター訓練を提供する立場から 2001.12 集団精神療法, 17 (1) , 10-12.

 

56. 私のグループ・アプローチの実践と研究 2009.12 集団精神療法, 25 (2) , 114-118.

 

57. パーソンセンタード・アプローチの立場から 2010.3 人間性心理学研究, 27 (1・2) , 1-7

 

58. 統合失調症者のグループの効果判定 2010.6 集団精神療法, 26 (1) , 39-43.

 

59. 精神科デイケアにおける統合失調症者の心理ミーティング─25年にわたる長期継続グループ 2012.6 集団精神療法,28(1),56-61.

60.大学院におけるエンカウンター・グループ・ファシリテーター養成プログラム 2013.3 跡見学園女子大学臨床心理学科紀要,1,43-50.. 

 

61. 臨床心理士養成大学院におけるスーパービジョンのあり方 2014.3 跡見学園女子大学臨床心理学科紀要,2,1-7.

 

62. エンカウンター・グループのオーガナイザーの役割 2015.3  跡見学園女子大学心理教育相談所紀要,11,25-29.

 

63. 畠瀬稔先生のエンカウンター・グループ研究をめぐって 2015.9 人間性心理学研究, 33 (1) , 9-11.

  

64. 心理ミーティングとエンカウンター・グループの比較検討 2016.3  跡見学園女子大学心理教育相談所紀要,12,25-28.

 

65.   本学会と心理職の国家資格化 2016.4 心理臨床学研究, 34 (1) , 1-3.

 

66. 臨床心理士養成大学院における臨床心理面接の訓練 2017.3.31  跡見学園女子大学心理教育相談所紀要,13.25-33.

 

67. グループ・ファシリテーターを育てる 2018.3 跡見学園女子大学臨床心理学科紀要, 6,9-19.

 

68. 三タイプのエンカウンター・グループについての検討 2018.3.31  跡見学園女子大学心理教育相談所紀要,14.3-8.