私のエンカウンター・グループとの関わり

 

1969:ロジャースのもとに留学された畠瀬稔・直子夫妻が日本に導入・紹介/京都で日本最初のエンカウンター・グループが実施される→1970:「人間関係研究会」発足)

 

  1970:村山正治先生からエンカウンター・グループのことを教えてもらう/エンカウンター・グループに初参加

  1971:「エンカウンター・グループの基礎的研究」 日本心理学会口頭発表 (日本で最初のエンカウンター・グループの学会発表)

  1972:「エンカウンター・グループの臨床心理学的研究」 修士論文 九州大学

  1977:「エンカウンター・グループ・プロセスの発展段階」 九州大学教育学部紀要(教育心理学部門) , 21 (2) , 77-84. 〔野島一彦・村山正治で共同執筆〕 

  1980:「ゲーム・エンカウンター・グループの事例研究」 福岡大学人文論叢 , 12 (2) , 419-454. (構成的エンカウンター・グループの最初の論文)

  1982:「エンカウンター・グループ・プロセス論」 福岡大学人文論叢 , 13 (4) , 891-928./エンカウンター・グループ構成論 福岡大学人文論叢 , 14 (1) , 1-32. 

  1983:「エンカウンター・グループにおける個人過程−概念化の試み」 福岡大学人文論叢 , 15 (1) , 33-54.

  1985:「グループ・ファシリテーターの養成をめぐって」 九州大学心理臨床研究 , 4 , 99-105.

  1989:「構成的エンカウンター・グループと非構成的エンカウンター・グループにおけるファシリテーター体験の比較」 心理臨床学研究 , 6 (2) , 40-49. 

  1997:「日本におけるベーシック・エンカウンター・グループのファシリテーション論の展望」 九州大学教育学部紀要(教育心理学部門) , 41 (1) , 63-70.

  1998:「エンカウンター・グループの発展段階におけるファシリテーション技法の体系化」 博士論文 九州大学

*  2000:『エンカウンター・グループのファシリテーション』 ナカニシヤ出版

  2001:「臨床における訓練とは─エンカウンター・グループのファシリテーター訓練を提供する立場から」 集団精神療法, 17 (1) , 10-12.

  2006:「半構成方式」による研修型エンカウンター・グループの試み 心理臨床学研究,243),257-268. 〔森園絵里奈・野島一彦の連名〕 (半構成的エンカウンター・グループの提唱)

  2011:『グループ臨床家を育てる』創元社

  2012:精神科デイケアにおける統合失調症者の心理ミーティング─25年にわたる長期継続グループ 集団精神療法,28(1),56-61. (統合失調症者の毎週75分間のエンカウンター・グループ的集団心理療法;19972012,1156セッション)